楽して稼いでいるんでしょ?に対する答え

脱OLの仕事論

こんにちはー。

ハタラクマ(大熊めぐみ)です。

 

今回は独立したというと思われる勘違いあるあるについて書いていきます。

 

私がこんなにお気楽な性格だからかもしれませんが、たいしてがんばっていないのに食べていけてると思われてしまうことも少なくありません。

 

はっきり言って

楽ではないですよ。

 

楽しいけど。

 

少なくとも私はそうです。

 

 

一番大変なのは

時間が足りないことでも、体力が持たないことでも、お金のやりくりでもなく

 

自分という人間を律することです。

 

つまり、気分で動かないということ。

 

自分の気分が落ち込んでいるからという理由で

ブログを休んだり、サービスの質を落としたりすることはあってはいけません。

 

会社に勤めていれば自分の気分に関係なく

とりあえず仕事にいくという役目はまっとうしようとします。

 

しかしながら、副業でやっていたり独立している場合は

自分の意思でやっていること(誰かからやれと言われているわけではない)なのでどうしても自分に甘くなってしまいます。

 

今日は疲れているからいっかー

それどころじゃないからいっかー

なんか気分が乗らないからいっかー

 

みたいなかんじで。

 

特に、本業を持ちながら副業としてやっている場合は

ちょっとした壁にぶつかって、そこで終わってしまう人も多いと思います。

 

起業はするのは簡単です。

 

でも、続けるのは簡単ではありません。

 

「頭を使う」ことについては起業の方が大変です。

 

会社員は

何時に会社に行って

何時から会議に出て

何時にお昼と食べて

いつまでにこの仕事を終わらせて・・

 

と全部会社が決めてくれます。

 

独立したら、どんな小さなことでも自分で決めないといけないんですよね。

 

人に相談することはあったとしても

決めるのも責任を取るのも自分です。

 

自由と強烈な責任

 

これらを手にするのは楽ではありません。

 

でも、本当の意味で一生懸命になれる毎日はとても楽しいものです。

 

どんな保険に入るより

どんな保障があるかより

自分でコントロールできる人生こそが一番の心の安定なのかもしれません。

 

それでは、またー

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

脱OLの仕事論
独立したからこそ仕事は選ぶようにしています

脱OLしてから4カ月が経過しました。   仕事の方は まー、マイペースにやっております。 …

脱OLの仕事論
つまらない仕事を劇的におもしろくする考え方

社会に出て何年も経ってくると どうしても毎日がマンネリ化しちゃいます。   特に新しい発見 …

脱OLの仕事論
2
勝手にコンサルを始めるのはただのおせっかいという話

こんにちはー。 ハタラクマ(大熊めぐみ)です。   今回はコンサルをやっている人orやろう …