20代中盤のころ、私の頭の中を占めていたのは
ほとんどがお金のことでした。

上場している会社に入ったものの
お給料は手取りで18万ほど

それでも、ボーナスも出るし
私よりもお給料が少ない友達は多かったし

「そこそこ」でいたとは思います。


 
将来、年金はもらえないかもしれない
お給料が上がらない時代になっている
税金はどんどん増えていく
サラリーマンのお小遣いは減少傾向

そんな話を聞くほど、不安な気持ちにしかなりませんでした。

ちゃんと生きていこうとするほど、未来に希望は持てなくなっていました。


 
そのうちに

お金さえあればなんとかなる

そう考えるようになりました。
 


お金に意識をするうちに
恋愛観も変わってきました。
 


恋愛対象になるかどうかの基準の一つに

お金を稼いでいること
お金を稼げそうな仕事に就いていること
正社員として真面目に働いていること

こんな条件が付いてくるようになりました

学生のころは「好き」だけで進めたのに


 
先立つものがないと、好きになれない
お金のことを考えるほど
人生の幅は狭くなっていきました。


 
ちゃんとした会社に勤めて
ちゃんと税金を納め、しっかり貯金をして
親が認める人と結婚して生きていく

それしか「最善の道」を歩く方法はないと思っていました。


 
が、

そんな時に出会ったロバートキヨサキの本

「金持ち父さん貧乏父さん」


 
持ち家は負債である
資産はポケットにお金を入れてくれる。負債はポケットからお金をとっていく。
お金持ちはお金のために働かない
言葉は力になる


 
それらの言葉は私が今まで信じていた常識を壊すものでした。

それと同時に

私も豊かに生きていくことができるのかもしれない

そういう希望が持てるものでもありました。


 
そこからお金の猛勉強をして、自分にたくさんの投資をしていきました。
経験は資産になると思ったから。

金融投資を始め、投資とは自分と向き合うことだと分かりました。
そしてそれは、お金だけではなく生きてく上で全てのことを応用できると分かりました。