めんどくさがりな人がメルカリで手間をかけずに売っていく方法

お金を作ろう

こんにちはー。

ハタラクマ(大熊めぐみ)です。

 

今回はめんどくさがりな私のメルカリ取引方法について書いていきます。

 

メルカリ

 

個人と個人が簡単に取引ができるとても便利なツールですよね。

 

お互いの個人情報を明かす必要もないし

送り状を書く手間はないし

届いたのを確認してから送金されるようになっているし

 

本はバーコードを読み取るだけで説明文が入力されるようになったことがありがたいですね。

 

副業のファーストステップとしてもいいんじゃないかなーと思います。

 

私自身も1日5分ほどの作業で、コンスタントに売り上げを作ることができています。

 

今回は私のようなめんどくさがりの人が、手間をかけずに売上を上げていく方法を書いていきます。

 

 

やっていることが2つありまして。

 

1つ目は

「お値引きはしません」と書いておくこと

 

メルカリはヤフオクのようなオークション方式ではなく、値段を下げていくフリマ方式となっています。

そのため、とりあえず値引きができるか聞いてみるという人が多くなっています。

 

私、このやりとりが好きではなくて。

 

9000円で出品したものに

「5000円にしてもらえますか?」

と聞かれたことがあって。

 

断るのも疲れるんですよね。。

 

しかも、値引きをしたとしてもせいぜい数百円程度

そのやりとりのために毎回携帯をチェックしたくないんです。

(人の労力も大事なコストです)

 

値引きをしたのに買ってもらえないこともありますし。

 

そんなわけで、私が出品する時はほとんどの商品の場合に

値引きはしないという旨を書いています。

 

値段を下げるのは、出品して一定期間が経った時

自分のタイミングでしています。

 

 

2つ目は

「即購入歓迎です」と書いておくこと

 

先ほど書いた内容にもつながるのですが、労力もコストなんですよね。

 

なので、コメントのやりとりなしでの購入を歓迎するという意思表示をしています。

 

これを書いてから、男性の購入者が増えました。

やはり男性は丁寧すぎるやりとりより簡潔でスピーディーなやりとりを好む方も多いという印象です。

 

あと、これは自分の仕事をしていても感じるのですが

色々聞いてくる人ほど結局行動しないんですよね。

 

たくさんやりとりをした後に

「参考になりました。検討させていただきます」

とコメントが来る。

 

結局買わない。

別の人が買う。

 

みたいなパターンを初期のころに何回か経験しました。

 

まー、悪気はないのだと思いますが。

 

 

だからこそ意識的に

労力がかかる人が近づいてこないようにする工夫は必要かなーと思います。

 

スピーディーなやりとりをしたいので、

そのスタンスを理解してくれる人との取引を優先しています。

 

 

実際、この2つを取り入れるだけで

断然やりやすくなりました。

 

丁寧なやりとりも楽しみたい♪という方には参考にならないかもしれませんが

サクッと売り上げたいという方には有効な方法かと。

 

 

あ、あと本を送る時の梱包についてですが、

本をそのまま封筒に入れるのではなく

クリアファイルに入れて送るだけでもけっこー喜ばれたりするのでオススメです。

 

 

メルカリに限らずですが

自分に合ったやり方を見つけるのが、楽しく続けるコツなんじゃないかなーと思います^^

 

それでは、また~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お金を作ろう
宅急便コンパクトを制するものはメルカリを制する

こんにちはー。 ハタラクマ(大熊めぐみ)です。   今回はメルカリでの配送方法について書い …